ブライトマッチ 審査

ブライトマッチは審査が厳しい!だから、出会える!高学歴女性に出会いたい男性注目!

 

ブライトマッチは審査が厳しいからこそ理想の相手に出会いやすい!

 

なぜなら、貴方のマッチング候補もその厳しい審査に通っているからです

 

 

ブライトマッチ-01

 

『確実に』高学歴の女性との出会いがある!

 

 

ブライトマッチは高学歴男女限定のマッチングサービスだからこそ、『審査が厳しい』と言われています

 

 

実際その通りだと思います

 

 

それどころか、審査に通る通らない以前に、参加資格として提示されている条件も他のマッチングサービスよりもかなり厳しいものになっています。

 

 

しかし、ここで『なんだ難しいのか』と思ってしまうのはあまりにモッタイナイ

 

 

この審査の厳しさを逆方向から見ると、『……ってことは、なかの女の子も審査条件を通った子たちってことか』ということになるからです

 

 

要するに、こちらには『高学歴の女の子と出会いたい』というはっきりとした要望があるわけですから、むしろよく言われている『ブライトマッチの審査の厳しさ』はプラス要素だったりします。

 

 

確かに参加資格の敷居は高いかもしれませんが、自身の条件がこの敷居の高さを超えられるものなら、ブライトマッチほど期待値の高いマッチングサービスも他にないでしょう。

 

 

まず参加資格の審査を申請するにしても……

 

(男性の場合 ※女性の条件は後述)

  • Facebookアカウントを持っている
  • 学歴:MARCH以上
  • ※詳しくは『 学歴 』を参照。

  • 年齢:24〜45歳
  • 居住地域:関東圏または関西圏
  • ※詳しくは『 居住地起 』を参照。

 

はクリアできていないと審査は確実に落ちるので、審査以前の条件も厳しいのは確かです。

 

 

しかし、審査資格をクリアしていてブライトマッチ運営の審査にも通れば……

 

  • 女性側も審査通った人しか登録されていないので、紹介された相手に一定以上の学歴がないという心配がない
  • 審査が厳しいだけに、高い安全性が確保できているサービスを利用できる
  • プランで規定された紹介人数のある紹介型マッチングサービスなので、確実に高学歴の女性を紹介してもらえる

 

と、『高学歴の女性』という希望に沿った女性とマッチングできる可能性は飛躍的に高くなります

 

 

マッチング候補は少なくとも全員高学歴なのですから当然の話です。

 

 

他サービスや、日々の暮らしの中での確率とは比べたら比較にならない高確率で『高学歴の女性と出会いたい』という希望が叶うわけです

 

 

しかも、このサービスがソシャゲの課金一発分より安価で一ケ月利用できるというのですから安いものです。

 

 

なので、貴方がもし『高学歴の女性』との出会いをお望みでしたら、ブライトマッチはぜひ試してみてほしいマッチングサービスです。

 

 

少なくとも、結婚相談所なんかで条件をつけながら希望の女性を探す方法なんかよりも、『安く』『圧倒的高確率』で出会えますよ!

 

 

すぐにブライトマッチの公式サイトへ移動する

 

 

この記事は……

  • ブライトマッチの審査に自分が通るか判断したくて調べている男性
  • ブライトマッチに審査に通る女性の基準を知りたい男性

におすすめの記事となっています。

 

 

このページの目次
  1. 確かに厳しい!ブライトマッチの審査について
  2. ブライトマッチの審査に要求されるものは何?
    1. Facebookアカウントの有無
    2. 学歴
    3. 年齢
    4. 居住地域
  3. ブライトマッチの場合、審査の結果はいつ出るの?
  4. 審査に通りやすくするには?ブライトマッチの審査はブライトマッチスタッフによる手動判定だから、やれることもある!
    1. Facebookの設定をし直す
    2. 申請時に記入する『プロフィール』とFacebookのプロフィールなどの内容に齟齬がないようにする
    3. Facebookの投稿記事でさりげなくアピール!間違っても他人が見て悪印象となるような記事を放置しておかない
  5. 審査に通った!サービス開始からデートまでの流れ
    1. 登録をする
    2. 紹介される人
    3. マッチングが成立したらデート!
  6. ブライトマッチでうまくいくコツは?
    1. ブライトマッチにいるということは、女性も間違いなく高学歴!
    2. ブライトマッチの料金コースを適当に選ばない!ブライトマッチは『リアルガチャ』だ!
    3. アピールするなら真面目方向の方が勝率高そう?他のマッチングアプリとは違う攻略法を検討したい!
    4. ブライトマッチのサービスの特徴『紹介系』であることを意識する!
  7. 結論!ブライトマッチは審査が厳しいからこそ、要件を満たした相手に出会えるサービスになっている!

 

 

確かに厳しい!ブライトマッチの審査について

 

ブライトマッチー審査-01

 

 

まず何より『審査が厳しいのか厳しくないのか』の結論が知りたいと思います。

 

 

結論は『YES』です。厳しいと思います。

 

 

ただ、ほとんどの人間が対象外になるほど厳しいのかと言われると、それは『NO』です

 

 

要するに、ブライトマッチの『審査の厳しさ』というものをどう見るかで『審査が厳しいのか……』となるのか『サービスの趣旨を考えると妥当な条件設定だよな!』と見るのかが変わってきます。

 

 

ブライトマッチの審査の厳しさは『高学歴の男女の出会い』という『ブライトマッチの参加者の希望を担保するためのもの』なので、ある程度審査が厳しいのは当然なのです。

 

 

ブライトマッチの利用者は、男性も女性も『高学歴の相手との出会い』という要望を持って参加しています。

 

 

貴方も『高学歴の女性と出会えるサービス』だからこそ興味を惹かれたのではありませんか?

 

 

なので、サービスの看板である『高学歴の男女の出会い』がまったく担保されていなかったとしたら詐欺だと思いませんか?

 

 

つまり、ブライトマッチの『審査の厳しさ』とは『ブライトマッチというサービスの信頼性の証』のようなものだと言えるのです。

 

 

よって、ブライトマッチの審査が厳しいか厳しくないかについては、『参加資格にほとんど制限がないマッチングサービスと比べれば、確かに厳しい』が答えになります。

 

 

でも、だからこそ他のマッチングアプリのサービスと違って『お手頃価格で使える結婚相談サービス』のような使い方もできると思います。

 

 

そんな事情もあってか、ブライトマッチは他のマッチングアプリサービスと比べると実際に真面目に使っている人の割合が多いようで、口コミなどを調査するとそんな個人的な感想の裏付けも取れます。

 

 

ブライトマッチの審査に要求されるものは何?

 

ブライトマッチー審査-02

 

 

では次に、ブライトマッチの審査を受けるために必要な最低限の条件について説明していきます。

 

 

ブライトマッチの加入審査は以下の条件を満たしていないと参加資格もありません

 

 

  • Facebookアカウントを持っている
  • ブライトマッチが定める以上の学歴がある
  • 制限内の年齢である
  • 制限内の居住地域である

 

 

『サービスの特徴を維持するため』『サービスの参加者の希望を満たすため』『実際の成果へと繋げていくため』に、ブライトマッチは審査以前の参加資格としてこれらの条件を設けています。

 

 

ブライトマッチ運営サイドも『学歴を中心に厳正に審査』『学歴/勤務先に加え、安心してご紹介出来る方かどうかという基準で審査』と言っています。

 

 

ここを満たした人の加入申し込みに対し、ブライトマッチスタッフが更に細かく手動で審査をしていって、審査を通す通さないを決定していきます。

 

 

なので、最低限の条件として上記のものを満たしていたい場合は、残念ながらどうやっても審査に落ちてしまうでしょう

 

 

次にそれぞれの条件について、もう少し詳しく解説してきます。

 

 

Facebookアカウントの有無

 

ブライトマッチはFacebookアカウントを持っていないと、参加申し込みすら受け付けてくれません

 

 

申し込みボタン自体が『Facebookではじめる』になっています

 

 

ブライトマッチー審査-申し込み

 

 

Facebookには1人1アカウントの原則があるので、それを利用しているようです。

 

 

ブライトマッチは紹介時に容姿の情報は相手に伝達されませんが、紹介された相手のプロフィールを参照できるようになるシステムです。

 

 

そのプロフィール(申し込み時に記入するプロフィール)は、加入審査時にFacebookとの整合性などもしっかり見られているのです。ここでもFacebookが利用されているわけです。

 

 

なので、ブライトマッチにおいて『Facebookアカウントの所有』は絶対に必要な条件としてあげられています。

 

 

学歴

 

ブライトマッチは『高学歴の男女の出会いの場』なので、当然ですが一定以上の学歴が必要になります

 

 

男性と女性で、それぞれ対象大学が公開されていますのでご紹介します。

 

 

これを見れば……

 

  • 自分に必要な学歴があるのか
  • 出会える女性は、どこ以上の学歴を持っていることが確実なのか

 

が一目でわかります。

 

 

男性の必要学歴

 

 

北海道大学/東北大学/東京大学/名古屋大学/大阪大学/京都大学/九州大学/東京工業大学/一橋大学/筑波大学/神戸大学/慶応義塾大学/早稲田大学/国公立医学部/MARCH/上智大学 など

 

ここになくともこれ以上なら通るでしょう

 

たとえば、オックスフォード大やスタンフォード大、ハーバード大やMITなどを卒業している人が『学歴が理由で』通らないわけがないと思います。

 

 

女性の必要学歴

 

 

北海道大学/東北大学/東京大学/東京外国語大学/東京農工大学/名古屋大学/名古屋工業大学/金沢大学/大阪大学/大阪府立大学/国公立医学部/京都大学/広島大学/九州大学/東京工業大学/一橋大学/筑波大学/神戸大学/千葉大学/横浜国立大学/慶応義塾大学/早稲田大学/東京理科大学/明治大学/中央大学/同志社大学/ICU/上智大学 など

 

男性同様に、ここになくともこれ以上なら通っているでしょう

 

 

年齢

 

ブライトマッチには登録可能な年齢の制限が設けられています

 

健全に利用できるようにする工夫の一環でもありますし、参加者のニーズを組めるようにするための設定でもあります。

 

 

『学歴/勤務先に加え、安心してご紹介出来る方かどうかという基準で審査する』と明記しています。

 

 

基準は以下のとおりで、そこはかとなく『結婚』というキーワードを意識して、離れ値ではなく現実的な上限下限を見た感じという印象があります

 

 

 

男性の年齢範囲

 

 

24〜45歳

 

 

 

女性の年齢範囲

 

 

22〜39歳

 

 

 

 

 

居住地域

 

居住地の制限

 

 

関東圏/
東京・神奈川・埼玉・千葉

 

 

 

関西/
大阪/京都/奈良/滋賀/兵庫

 

 

 

居住地にも制限があります。上記の県にお住まいでない場合は、残念ながらブライトマッチは利用できません。

 

 

この条件がある理由は簡単で『マッチング→デート』の敷居を低くするためです。

 

 

参加者の最終的な願望は『(目的と目標はひとそれぞれにしても)自分に合ったパートナーを見つけて(現実世界で)付き合うこと』なので、『実際に合うことが難しい距離』では参加者の要望を満たすことができなくなります。

 

 

それを考えると、参加者の居住地に制限があるのはサービスの満足度をあげるために必要な制限だと言えます。

 

 

つまり、ブライトマッチは対象の居住地を制限することで、参加者により高い満足度を提供しようとしています

 

 

ブライトマッチ-02

 

『確実に』高学歴の女性との出会いがある!

 

 

 

ブライトマッチの場合、審査の結果はいつ出るの?

 

合格の場合、通常3日以内に通知メールが送られてきます

 

 

入力に不備がある場合などでは、審査が遅れるケースもあります。

 

 

審査に通りやすくするには?ブライトマッチの審査はブライトマッチスタッフによる手動判定だから、やれることもある!

 

ブライトマッチー審査-03

 

 

審査の基準や審査結果がどのくらいででるのかがわかったら、あとは『どうやったら審査に通りやすくなるのか』というのも気になるところでしょう。

 

 

ブライトマッチは、『話のレベルが合う女性に会いたい』『付き合えたあとのことを考えると高学歴女性のほうが重荷になる可能性が低い』など、高学歴女性に出会いたい男性注目のマッチングサービスです。

 

 

『高学歴の女性に出会いたい』と考えている男性にとっては、ぜひとも使いたいサービスです。だから、落ちたくない。

 

 

では、どうすれば公表されている審査基準以外の要素で加点が積めるかを検討してみたいと思います。

 

 

あくまでも公表されている以外の要素なので、『絶対こうでなくてはいけない』とはいう要件ではありません

 

 

しかし、ブライトマッチのサービスを分析していくと、『こうであれば無駄な減点をされにくいだろう』『こうであれば加点が狙える可能性があるだろう』的なものは見えてきます

 

 

そこで重要になってくるのが『Facebook』です。

 

 

ブライトマッチでは『Facebookアカウントがないと申し込めない』『審査にFacebookアカウントを利用していると公言している』など、Facebookの重要性が非常に高くなっているのです

 

 

だからこそ、Facebookのあれこれを見直すだけでも審査合格率はあがると容易に予測がつきます

 

 

『実際に審査に使っている』とブライトマッチが言っているのですから、ここを重点的に攻めるのが正攻法でしょう。

 

 

Facebookの設定をし直す

 

最低限やっておくべき『設定』を箇条書きにしてみました。

 

 

『プロフィール写真』を設定し、顔を見ることができるようにしておく

 

顔写真なんかもおしゃれなものや画像加工をしたものをすでに使っている場合は、審査期間だけでも『顔を隠さず加工せず』のものに変えておいた方が信頼性は高まります

 

 

審査員に判定材料を与えられるように、『第一志望の会社に出した履歴書』を思い出して積極的にFacebookのプロフィールを充実させておく

 

Facebookのプロフィールは内容を充実させておきましょう

 

とく学歴は絶対に記入しておかないといけません。できれば、職歴として勤め先もきちんと記入しておきます。

 

アピールを考える場合も『履歴書のアピール』をイメージして行うのがベターです。

 

一見マッチングアプリの審査に関係なさそうな趣味などの記入欄も立派にアピールポイントになりますので極力記入しましょう。ここも履歴書と一緒です。

 

 

『友達』などにも注意を払う

 

Facebookの『友達』に『”他人が見て”引く相手』はいませんか?

 

現在も付き合いがあるならそれが事実なのであきらめるしかありませんが、現在付き合いがないのに残っていると他人から見れば、貴方は『そういう知り合いがいる人』と認識される可能性は高まります。

 

なので、大きなマイナスになってしまうかもしれません。

 

  • 宗教色や政治色の強い『友達』ばかりになっている
  • 反社会色のある『友達』が目立つ
  • インモラルなことをやっている投稿記事をあげている『友達』が多くいる

 

などはしっかりと対策しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

申請時に記入する『プロフィール』とFacebookのプロフィールなどの内容に齟齬がないようにする

 

ブライトマッチは審査にFacebookを使っていると公言しているのですから、当然申請時に送ったプロフィールとFacebookを見比べます

 

 

そこでもし記入内容とFacebookに齟齬があれば、審査員としてはどう思うでしょうか?

 

 

当然信頼性の低い人物との判断をするでしょう。

 

 

審査員の立場になれば、そんな信頼性の低い人物を会員に紹介することは自社のサービスの信用に関わってくるので、当然不合格になることでしょう。

 

 

なので、繰り返しますが……

 

『申請時のプロフィール』と『Facebook』に齟齬があってはいけません

 

 

Facebookの投稿記事でさりげなくアピール!間違っても他人が見て悪印象となるような記事を放置しておかない

 

Facebookが重要視されるのですから、Facebookの内容のすみずみに気を配ることで審査員の印象に加点を加えることができますしかし、逆にFacebookの内容が原因で審査落ちする可能性もあるわけです

 

 

例を『うまく使った例』『放置したままでは審査落ちする可能性が高まる例』を極端な例えを使って紹介してみます。

 

 

Facebookをうまく使った例

 

 

ブライトマッチに申請するプロフィールには『年収』を記入する欄や、オプションで『勤務先』を記入するオプションがあります。

 

 

そして、ブライトマッチには『結婚を意識した参加者が一定数以上いる』とブライトマッチの関係者がインタビューに答えています。

 

 

ということは、ブライトマッチにしてみても欲しい人材とは『会員の要望を満足する人材』なので、看板の『高額歴の人』というものの裏に会員が魅力的に感じる……

 

  • 高収入な人物
  • ステータスのある会社や仕事に従事している人物

 

が欲しいという『言葉にしていない採用基準』があることが見えてきます

 

 

ならば、それらの武器がある人だったら、これを使わない手はないでしょう。

 

 

申請時のプロフィールに『年収と勤務先』を記入し、Facebookの投稿として、勤務先の会社の社名が映ったなにげない社内写真を一枚パシャリと撮って適当な言葉とともに記事にしておけば、間違いなく審査員に対して強力なアピールになるでしょう

 

 

ステータスのある会社に勤めていることがはっきりとわかり、そこから年収の信憑性なども出てくるわけですから、記述内容の信頼性が一気に高まるわけです。

 

 

謙虚に『採ってください』とアピールすることももちろん大事なことなのですが、時には逆方向から攻めて『どや、ワイが欲しくないか?』とさりげなくイキってみることも重要です

 

 

すぐにブライトマッチの公式サイトへ移動する

 

 

 

放置したままでは審査落ちする可能性が高まる例

 

 

次に『放置したままでは審査落ちする可能性が高まる例』も考えてみます。

 

 

これは簡単に思い浮かぶものが1つありますね。

 

 

それは、Facebookの投稿内容があきらかに……

 

  • 公序良俗から逸脱した内容
  • 他人が見て警戒感を覚えるほどに『宗教的』『政治的』だったりする内容
  • モラルがない内容
  • 反社会的な内容

 

だったりすれば、それは当然審査落ちすると思います。

 

 

貴方は、そういう人物を自分の大事な人に紹介できるでしょうか?

 

 

だから、そういった内容の投稿をしていたりすれば、まず間違いなく審査には落ちるでしょう。

 

 

なので、『審査員の視点を持って』自分のFacebookの投稿内容は審査が始まる前に十分チェックしておく必要があります。

 

 

 

審査に通った!サービス開始からデートまでの流れ

 

審査合格のメールは……

 

合格の場合、基本的には3日以内

 

に通知が来ます。ただし、入力に不備などがあると、審査期間が伸びることもあります。

 

 

そして、その審査合格の連絡が来たら、あとは必要なことを登録してブライトマッチからマッチング候補が紹介されるのを待つだけになります。

 

 

ブライトマッチでは毎月マッチング候補を紹介してくれます。紹介される人数は……

 

契約したプラン通り

 

の人数です。

 

 

また、紹介相手から返信がないなどの場合は紹介人数としてカウントされないので、毎月プランの人数分のなにがしかの反応は得られます。

 

 

ブライトマッチ-紹介人数のカウント方法

 

 

登録をする

 

登録の流れは次のとおりになります。

 

 

ブライトマッチー登録作業の流れ

 

 

こののちにブライトマッチからの紹介を待って、サービスの利用へと移ります。

 

 

ブライトマッチからの紹介が来たあとの流れは以下のようになります。

 

 

ブライトマッチー紹介からデートまでの流れ

 

 

相手女性とのメッセージのやり取りがはじまり、このなかで女性にアピールしデートの約束をします。

 

 

紹介される人

 

ブライトマッチで紹介される相手は、以下のことは考慮されているとブライトマッチが公表しています

 

紹介対象の条件

 

  • FBの友達以外であること
  • 勤務先の会社以外であること
  • 男性の年齢が、女性の年齢の-2〜+5歳(目安)であること

 

 

これは……

 

  • 現時点で接点が比較的濃いと言える相手は紹介しない(その気になれば自力でアピールできる相手は紹介しない。)
  • 『真面目な交際』を考えるときに、ストライクゾーンとして設定されることが多い年齢層の相手を優先して紹介する

 

と言葉を変えることができそうな条件になっています。

 

 

マッチングが成立したらデート!

 

メッセージのやり取りで、相手女性も『会ってみたい!』と言ってくれたら次はデートです

 

 

メッセージのやりとりで相手をその気にさせられたのなら、貴方には一定以上のコミュニケーション能力があります。

 

 

自信をもっていきましょう

 

 

あとは実際に会って、デートを楽しんでくるだけです。

 

 

ブライトマッチでうまくいくコツは?

 

『清潔感』『おしゃれ』『コミュニケーション力』『資金力』などなど、一般的に男女の付き合いで必要なものは、ブライトマッチを使って進展してくためにも当然必要になってきます

 

ブライトマッチは、あくまでも『高学歴などの一定の条件を持った相手に出会いやすくした』プラットフォームにすぎません。

 

 

そこから先は、普通に『男性力』が問われます。

 

 

しかし、現実問題の話、『男性力があっても出会いの場がない』という悩みを抱えている方は多いので、この『一定の条件を持った相手に必ず出会えるプラットフォーム』というのは言葉以上のメリットがあります

 

 

ブライトマッチは……

 

  • 高学歴率100%
  • 在籍比ほぼ1:1
  • 30歳前後で付き合った先を見越して使う人がかなりいる
  • 紹介制
  • 紹介制について……

     

    確実性というメリットだけでなく、いわゆる『サクラ』の旨味のないサービス形態でもある点。

     

    ブライトマッチの場合、紹介者からのなにがしかのリアクションがないと紹介者としてカウントしない規定になっているので、なおサクラの旨味がない。

     

    『お相手が一定間以上デート候補エリアを入力いただけない場合、紹介数としてカウントされません。また、その他お相手のご都合でご紹介に不備がある場合、補填申請が可能です。』と書かれている。

     

 

 

と、マッチングサービスとしてはちょっと珍しいタイプのサービスなので、ただ単純に『遊び相手が欲しい』というような人には向きませんが、目的をもって利用する人には非常にメリットの大きなサービスと言えるのではないでしょうか。

 

 

そのあたりも踏まえたうえで、ブライトマッチむけの攻略方法を紹介していきます。

 

 

すぐにブライトマッチの公式サイトへ移動する

 

 

 

 

ブライトマッチにいるということは、女性も間違いなく高学歴!

 

ブライトマッチでは相手側も高学歴なので、ただ高学歴なだけでは決め手にはなりません

 

 

その点を十分に理解しておく必要があります。

 

 

通常ならば貴方の学歴は強みになるのですが、ブライトマッチの中では世間のなかほどに強い集客効果があるわけではありません。

 

 

なぜなら、ブライトマッチの中では高学歴であることが当たり前だからです

 

 

ここを勘違いしたままブライトマッチを利用すると、思ったほどの成果があがらなくていまいちと思ってしまうでしょう。

 

 

ブライトマッチにおいて、高学歴は『資格』です。

 

 

なので、ブライトマッチは間違いなく『高学歴の女性』にコンタクトが取れるマッチングサービスではありますが、それだけに高学歴は『武器にはならない』ということを十分に理解して、女性へのアピールは別方向から行うのが勝利の秘訣です。

 

 

男女ともに高学歴の相手を望む人のなかには『同じような価値観の人と付き合いたい』と希望している人が一定数以上いることはわかっています。

 

 

なので、高学歴は足場として『価値観の共有』『理解』などの方面から攻めると一定の成果が出やすいと思います。

 

 

ブライトマッチの料金コースを適当に選ばない!ブライトマッチは『リアルガチャ』だ!

 

ブライトマッチ-料金表

 

 

ブライトマッチでは、必ず毎月プランに応じた人数の『高学歴の相手』との関わりが持てます

 

 

何人の相手とデートまで漕ぎつけられるかは個人差がありますが、少なくとも貴方が普通に生活しているよりもずっと高い確率で高学歴の女性に出会えるようにはなるでしょう。

 

 

もしかしたら、そうして会える人の中に『縁が結ばれる相手』がいるかもしれません。

 

 

『高学歴の相手』というだけで、現実社会での出会いは相当限られてきますよね。そのなかで、両者の相性がよく縁が結ばれる確率となると、もう絶望的に低い数字になってきます。

 

 

世の中にはその確率を引き当てたラッキーマンたちがいるのは事実ですが、貴方が同様にその確率を引き当てられるかどうかは誰にもわかりません。

 

 

ただ、もし引けたらラッキー程度の確率なのは間違いないでしょう。

 

 

でも、ブライトマッチならば『高学歴の相手』というふるいにはすでにかけられているので、同じ『ガチャ引き』をするにしてもマッチングを意識して高学歴の女性と会える確率は変わってきます

 

 

なので、もし貴方が本気で『高学歴の女性』とのお付き合いを求めているならば、『月に3人ご紹介』あたりのプランを選んでおくといいと思います。

 

 

1人では少なすぎるし、5人とかだと毎月のやり取りが負担になるかもしれません

 

 

だから、費用対効果その他もろもろを考慮して、個人的には『月3人プラン』がおすすめです

 

 

月額8940円なので、まさにガチャの課金1発分程度の料金です。

 

 

『リアル世界のガチャに1発分』と考えたら安い課金額だと思いませんか?

 

 

月に1諭吉にも届かないなんて、ただの微課金プレイヤーですよ? これでSSRが引けたら余裕の勝ち組じゃないですか

 

 

アピールするなら真面目方向の方が勝率高そう?他のマッチングアプリとは違う攻略法を検討したい!

 

ブライトマッチ-料金表

 

 

ブライトマッチの紹介時に見ることができる『プロフィール』には、『顔写真がなく、名前もニックネーム』になっています。

 

 

このことから、相手に興味を持ってもらうためには……

 

申請するプロフィール

 

も充実させておかないといけません。

 

 

紹介時点ではプロフィールしかアピールできる場がないのですから、これは当然のアプローチですね。

 

 

しかし、これは考えようによってはメリットです。

 

 

外見に自信のある人は最初から写真でアピールした方がなにがしかのリアクションは得られやすいでしょう。(もっとも、その場合は望まないタイプの相手を自分の目で見極める必要性が出てきますが)

 

 

でも、本気でパートナーを探したいから、『ある程度は、選ぶのも選ばれるのも中身の重要性を高めたい』と考えるなら、デメリットよりもメリットの方が上回るかなあと思います

 

 

なぜなら、ブライトマッチは『相手女性からのなにがしかのアクションがあって初めて紹介人数としてカウントされる』サービスだからです。

 

 

容姿はどの時点においても優れているにこしたことはありませんが、通常十分なコミュニケーションが取れる前でこそチート級の効果を発揮する強ツールです。

 

 

しかし、ブライトマッチのサービス形態上、容姿が超チート級の力を発揮する場面においては、全員フラットな状態で通過できます

 

 

現実問題として、きれいごと抜きに容姿が色恋に与える影響は甚大なので、もちろん実際に対面したあとでは容姿が良い方が有利でしょう。

 

 

でも、『ブライトマッチにおいて、会うところまでいけるかどうかに関して容姿の影響はない』というだけでも、ごく普通の容姿の人間にとっては利点があると思いませんか? 特にマッチングアプリという戦場においては。

 

 

顔がわからず名前もニックネームしかわからず、お互いにわかっているのはプロフィールに書かれていることだけ。そして、その状態でメッセージのやり取りをして、実際に合ってみるかどうかが決まるんです。

 

 

ようするに、ブライトマッチで実際に女性と会えるかどうかは……

 

  • プロフィール
  • SNS的なコミュニケーション能力

 

にかかっていると言えるのです。

 

 

写真があると……

 

会う会わないすらも容姿に引っ張られて、他にアピールする場も与えられない

 

ということは、キレイごと抜きに起きがちです。そして、多くのマッチングアプリはそういう仕様になっています。

 

 

それがないというのは、真面目にアプリを使いたいと思っている方にはメリットになるでしょう。

 

 

しかも、すでにご紹介しているようにブライトマッチは『遊び相手探しよりもガチめの相手探し』を目的に参加している割合がとても多いという特徴があります

 

 

これは、ブライトマッチ関連の口コミを調べると、ひしひしと伝わってきます。

 

 

なので……

 

『楽しい自分』だけでなく『真面目な自分』を、プロフィールとメッセージの中でアピールする

 

ことで、一定の成果が期待できるようになると思います。

 

 

これは、ブライトマッチを攻略する上で注目するべき特徴でしょう。

 

 

ブライトマッチのサービスの特徴『紹介系』であることを意識する!

 

ブライトマッチは紹介系マッチングサービスなので、女性と付き合った経験がないタイプの方でもとっかかりのアプローチ力の不足を補ってくれます

 

 

恋愛経験が少ない方だと、『出会い』の部分が一番キツイ壁だと思いますので、そこを補って希望する条件を満たす女性に会えるというのはとても便利なサービスだと思います。

 

 

恋愛経験がそれなりにある方でも、「仕事や他の趣味も忙しいし、出会いに必要なエネルギーをガチで捻出しろと言われると、それは少々腰が引けるんだよね……でも、出会えるものなら出会いたいとは思っているんだよ」なんてことを思っていませんか?

 

 

そんな方にも、ブライトマッチはやはり価値のあるサービスだ言えます。

 

 

『ガチの恋愛の達人が遊び相手を探す』という目的で使わなければ、ブライトマッチは利用価値がありますよ。恋愛の達人さんの場合は、ブライトマッチよりも利点のあるサービスはいっぱいあると思いますが。

 

 

なので……

 

恋愛ごとが得意だと断言できない。だけど、『高学歴の女性』という条件付きの交際相手を探したいと思っている。

 

という方は、ブライトマッチが『紹介系』マッチングサービスである点を利用してより多くの出会いを獲得してもらいたいと思います。

 

 

とっかかりはブライトマッチという場所が作ってくれるので、『高学歴』の女性と付き合うところまでいける確率は確実に高まります

 

 

結論!ブライトマッチは審査が厳しいからこそ、要件を満たした相手に出会えるサービスになっている!

 

『ブライトマッチの審査の厳しさはある意味メリットである』というお話を下敷きにして、『審査の基準』や『審査に通りやすくするには』といったお話もしてきました。

 

 

ブライトマッチは確かに参加条件が無条件に近いマッチングサービスと比べれば審査が厳しいです

 

 

しかし、質を維持してサービスの特徴を維持するためには必要な厳しさだと思います。

 

 

だからこそ、審査に通ったひとに『高学歴の異性との出会い』や『参加者の希望する次のステージにつながる出会い』などを提供できるようになります

 

 

なので、ブライトマッチを利用したいと思うならば、審査の厳しさについては諦めるしかありません。

 

 

まず、ブライトマッチが公表している審査通過基準を満たしているかを確認しましょう。

 

 

もし、条件を満たしていなければ審査の通過は期待できません。

 

 

しかし、条件を満たしていた場合は、あとはこの記事で紹介した点に注意して審査に申し込んでいただければ、高確率で審査に通過できるはずです。

 

 

あとは、ブライトマッチが紹介してくれる女性とデートを繰り返して、貴方が付き合いたいと思える女性に出会い、口説き落とすだけです

 

 

貴方が素晴らしい女性と出会いお付き合いできることを、心から願っています。参考にしてみてください。

 

 

ブライトマッチ-03

 

『確実に』高学歴の女性との出会いがある!

 

 

ページ上部へ移動